業者に借りる事のデメリット

経営状態にかかわらず確実な返済を求められる

銀行などの金融業者に事業資金を借りた場合、どのようなデメリットが考えられるでしょうか。まず、返済のきつさが挙げられるでしょう。もし、資金を親などの身内から借りた場合、「返済は事業で利益が出てからでいい」などといってもらえる可能性が高いです。しかし、業者から借りた場合、事業がどういう状態であれ、すぐに返済が始まります。想像とは違い、事業がまったくうまくいかなくて赤字を垂れ流しているような状況であっても返していかなければならず、その場合、かなり苦しいことになるでしょう。
返済が苦しくなった場合、業者に対して相談はある程度できますが、返済を完全に待ってもらうことは難しいです。数ヶ月、返済が遅延するようであれば法的手段を執られる可能性が高くなるでしょう。

お金が必要なタイミングで借りられるとは限らない

お金を借りたいタイミングで借りられるかわからないというのもデメリットです。というのは、審査に通るかどうか、実際に申し込んでみないとわからないからです。事業資金がないと事業を始められないという場合、借りられるまでなにもできず、その間にチャンスを逃してしまうこともあるかもしれません。また、事業の運転資金を借りようという場合、審査に落ちてしまい、結局、不渡りを出してしまうことも考えられます。
融資の条件として事業への介入を求められることがあるのもデメリットといえるでしょう。たとえば、代表者に事業から手を引くようにといってくる可能性もゼロではありません。事業の進め方や方向性にも注文をつけられることもあります。

資金繰りに苦悩したとき、選択肢としてファクタリング業者を利用することを考えてはいかがでしょうか。売掛債権を買い取ってもらい、現金化することが出来るファクタリングを名古屋拠点をもつ業者を選ぶと安心です